ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

めっちゃ簡単!研究でわかった集中力を取り戻すコツ

   


集中力を取り戻すのって難しいよね…

たとえば、お花畑と雄大な山脈や森。

「癒やし」を感じる画像により、作業中の疲労が和らぎ、集中力や能率の低下を抑えられる

通常の風景よりも、「緑色の多い自然」を表現した画像のほうが、脳に癒やし&プラス効果を与えることがわかった

青色が美しい穏やかな海もいい。

研究チームは画像を見る時間を「40秒間」としている

集中が切れたなと感じたら、「40秒間」ぼっ~っと画像を見続けてみよう。

「かわいい♪」と感じる画像にも同じ効果が

人間の赤ちゃんの顔も、「かわいい」と感じやすい。

広島大学の研究グループは、幼い動物のかわいい写真をみた後には、注意を必要とする作業の成績がよくなることを実験で示した

かわいいものを見ると、『相手のことをよく知りたい』という感情から、対象の細部までよく観察して、集中力が高まります

落ち着いて取り組みたいとき、ブルーやグリーンなど寒色系のスクリーンにすると、画面を何気なく眺めているだけで感情に変化が現れる

何気なくしばらく眺め続けるのがポイントみたい。

パパッと落書きするのも、すごくいい

最近の研究で、落書きは人が集中力を維持したり、ひらめきを得たり、情報を記憶したりするための助けになることが分かってきた

作業後に得られる「自分へのごほうび」を書くのも効果的。

自分への「ごほうび」例:「達成したらおいしいものを食べに行く」と書く

体への簡単な刺激でも、パッと気分が変わる

短い時間でも他の人と何かしらの結びつきがあるだけで、相手の気持ちになるという脳の部分が活性化される

あくびは脳を約37度の最適温度に保つのに役立っている可能性があるという

思考で頭がいっぱいなとき、頭が熱くなったよう感じることがありますが、それは実際に脳が熱くなっている

頭を適温にしておかなければ、反応時間の遅れや記憶能力の低下といった、さまざまな弊害が生じてしまう

難しい選択を行った後に手を洗えば頭の中に残る迷いを振り払えるという最新の研究が発表された

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE