ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

100均グッズを使った「扉裏収納」でデッドスペースを上手に活用♡

   


▼100均グッズを使った「扉裏収納」がすごい♡

100均グッズを使った「扉裏収納」

おうちが狭くて収納スペースが少ないとお困りの方は多いのでは?もともとある収納スペースはもういっぱいだし…と諦めている方にぜひ見てほしいのがキャビネットやクローゼットの扉の裏です。扉の裏のスペースを有効活用しましょう。

■収納ケースで扉裏収納を

よくあるカゴを扉裏に取り付けるだけ

扉裏を利用した収納を作りました。粘着フックで100円ショップのプラスチックかごを吊り下げ、鍋敷きを収納しています。

ラップやアルミホイルを使って収納。

ラップ,ホイル,クッキングペーパーだけでなく,ポリ袋や,保存袋(大),(見えてませんが)レンジ温め用の袋など,いろいろ入りました。

扉裏に収納ケース。すっぽり入るものだとたくさん収納できますよね。

クリアファイルを使って。

穴の位置に合わせて、100円ショップの貼り付けタイプのクリップをドアに貼り、クリアファイルをぶら下げるだけ!

■ワイヤーネットを使った扉裏収納

100円グッズで鍋ぶた収納

シンク下の扉裏にサイズがバラバラのお鍋のふたの収納を作りました。さっと取り出せて、お鍋を収納するときの邪魔にならず便利です。

ワイヤーネットやワイヤーラックを使って。

ワイヤーネットとフックでスポンジ等を収納。

左扉裏にはスポンジ等を、100均の網に引っ掛けて収納しています。

ワイヤーネットを使ってバッグを扉裏に収納。

クローゼットの扉裏に小物収納スペースを作りました。使ったものは全てダイソーのグッズ。ついつい適当に置いてしまう車の鍵の定位置ができてスッキリ。

■タオルバーを使って扉裏収納

デッドスペースを利用したゴミ袋収納

ゴミ袋も収納に困るモノの一つですが、100均のタオル掛け(扉にかけて使うタイプ)を使って収納しています。

100均のタオルハンガーを使って収納したもの

出典ameblo.jp

レジ袋の収納スペースは、このタオル掛けを2つ組み合わせて扉裏を活用できますよ〜!

シンク下の扉裏に取り付けて、増えがちなレジ袋を収納しています。

タオルハンガーとフックを活用して。

扉にまな板を収納。タオルハンガー(粘着式)とフック(ネジ止め式)を取り付ける。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE