ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

午後の睡魔はこれでおさらば!誰でも簡単「1分仮眠法」で睡眠不足に徹底抗戦!

   


▼日中、睡魔に襲われることってありませんか?

会社のデスクでガクっとなって慌てたり、ソファに座ったまま気づいたら眠っていたなんて経験は誰しもあるのではないでしょうか。

春のポカポカ陽気は、眠気を誘います。そのため、「不覚にも仕事中に眠ってしまった」「眠気がひどくて仕事にならない」などと、悩んでいる人も少なくないはず。

▼睡眠不足を補うために「昼寝」をしている人は多いと思います。

▼昼寝は眠気を解消するだけでなく、作業能率改善にも役立ちます!

実は昼寝には眠気を覚ますだけじゃなく、仕事の効率を上げたり、病気のリスクを低下させるメリットまであるんです。

厚生労働省は、2014年に「健康づくりのための睡眠指針2014」を発表しました。その中に「午後の短い昼寝で眠気をやり過ごし能率改善」と記載されています。

▼でも昼寝する時間すらない人って結構いるみたい…。

しばらく昼寝の時間がないから もう寝とこ(--zzz

なぜこの職場には昼寝の時間がないのか

お昼寝したいのに時間がないよ~

▼そんな人には「1分仮眠法」がオススメ!

ある程度まとまった仮眠がとれない人こそ、「1分仮眠」を試してみるといいかもしれません。

▼「1分仮眠法」はとっても簡単で誰でも実践できます!

たとえば会議の5分前に会議室についたとしたら、そのうちの何分かを仮眠にあて、脳の疲労や体内にたまった老廃物を取り除いてやる。

眠気が来そうだと感じたら1分、眠気がまた襲ってきたら1分、そうやって1日に何度も仮眠をとることで、脳を休ませることができるのです。

1分仮眠は昼夜を問わず、いつ取ってもかまいません。そして、強い眠気を感じる前に仮眠することがポイントです。
http://online.sbcr.jp/2015/03/003962.html

▼実は、このたった一分でも脳を休ませることが出来るんです。

日中、最も多くの情報は目から入ってきます。勝手に飛び込んでくるといってもいいくらいです。

実は脳にとって、目から入ってくる視覚情報は大きな負担。そこで1分間目をつむり、外からの視覚情報をシャットアウトすることで、脳が休息できるのだそう。

業務の合間に、パソコンに向かいながら1分だけ目を閉じる。これなら周囲にばれることなく(?)頭を休めることができそうですね

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE