ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

捨てないで!お菓子に入っている「乾燥剤」の意外な活用術

   


当たり前のように捨てちゃう乾燥剤・・・

お菓子や海苔、ペットフードなどには、湿気ないように乾燥剤が入っています。
この乾燥剤、お菓子を食べ終わったら、ゴミとして捨てるのが普通ですよね。

実はそれはとってももったいないことだったのです!
なんとこの乾燥剤は、意外な使い道がたくさんあるのです♪

ということで、絶対に役立つ「乾燥剤」の活用術をご紹介していきます!!

乾燥剤には種類があります!

成分は食品添加物としても使われている二酸化ケイ素です。袋入りの小さな粒状や粉末のものが多いですが、錠剤、シートタイプのものもあります。

海苔の缶などに入っている大きな袋のものは、石灰乾燥剤であることが多いです。吸湿性に優れ、価格も安いのでよく使われています。

生石灰は水に濡らすと発熱し火傷する恐れがあるので、皮膚や服についたり目や口に入ったりしないよう注意してください。

ではまず、「シリカゲル」の活用術からご紹介していきます!

フライパンで乾燥機能が復活!

シリカゲルの青と白の粒々は、湿気を吸い込むとピンク色に変色します。この水分を取り除けば再び乾燥機能が復活するんです。

①シリカゲルの中身を袋から取り出して、フライパンに入れます。

②フライパンを弱火にかけて、ゆすりながら加熱。ピンクが青に変われば火を止めます。

③粗熱が取れたらお茶パックや袋に入れて乾燥剤として使えます。
こうすることで、何度でも使えます♪

①靴の湿気取り

シリカゲルには無数の小さな穴があり、臭いを吸着してくれる効果もあるんだそうです。

靴の匂いや型崩れの原因となるのは、湿気です。足の汗や雨水を吸った靴の中に、ポンっとシリカゲルを一個ずつ入れましょう。

②食品の湿気取り

ビンに入れて、シリカゲルパックをフタの裏に貼り付ければ、湿気を防いで長持ちさせてくれます。

すでに湿気を含んでカチカチになってしまった砂糖や塩は、再生シリカゲル袋を入れて3日ほど放置するだけで、サラサラの状態に戻ります。

③写真を湿気から守る

思い出の写真も、箱に湿気がこもればお互いにくっついて取り返しの付かないことに。

④シルバー製品を湿気から守る

銀の大敵はサビ。せっかくのおしゃれなシルバーのカトラリーも、保存方法が悪ければ、すぐ錆びたりくすんだりしてしまいます。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE