ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

便利じゃね・・!?身の回りのものを「復活させる方法」をまとめてみた

   


▼ 身の回りのものを「復活させる方法」をまとめてみました。

◇ 毛先の広がった歯ブラシを復活

毛先が広がってしまった歯ブラシを65℃以上のお湯に入れてグルグルかき回してみましょう。

そして、歯ブラシをお湯から出すだけ。簡単でしょ!?

素材のナイロンには、形状記憶の性質があり、加熱することで元に戻ります。動画では80℃となっていますが、65℃以上のお湯であれば大丈夫。熱湯につけた後は、毛先が柔らかくなっていますので、水で冷やしながら毛先を整えましょう。

ボサボサになった歯ブラシが復活

1.お湯を沸かす
2.コップに入れる
3.ブラシをお湯に浸し10秒ほどグルグルかき混ぜると復活する

ブラシが熱い時に触るとまた形が変わってしまうので十分冷ましてから使う事

広がった歯ブラシは、65度以上のお湯に30秒以上漬けて、その後冷水に漬けて毛先を指で伸ばすと復活するらしい。 pic.twitter.com/V0UURaDWAJ

◇ 固まったマスカラを復活

肌に触れても安心&まつげにも優しいスキンケア用品でも、マスカラは復活します。要領としては、ボトルに少量入れた後、フタをしてよく振ります。

水分が蒸発して固くなったマスカラに数滴加えてよくなじませると、あら不思議!あっという間にマスカラが復活しちゃうんです。入れすぎると柔らかくなりすぎるので、様子を見ながらちょっとずつ入れるのがコツですよ。

◇ インクの出ないボールペンを復活

ティッシュペーパーを4枚程度広げて、破らない程度の力を加えながらペン先のボールを転がすように書きます。文字を書くように動かしても良いですし、グルグル書きも良いでしょう。

これを何度か繰り返すと、大体のボールペンは復活します。もしもこれでダメならば、チラシの隅でいくらグリグリやったとしてもダメでしょう。

固まったインクがティッシュのざらざらな紙の摩擦で取れるらしいです。ただし、この方法は空気が入ってインクが出なくなったときは使えません。

@falilv_0410

ボールペンがつかなくなったら、ティッシュで試し書きすると復活するよ(=゚ω゚)ノ

ボールペンがインク残ってるのに掠れてきたら、ティッシュを1枚に裂いてそれに書くと復活するとかみんな忘れてるでしょ

◇ 切れ味の悪くなったハサミ

逆に刃の切れ味が悪くなってしまいそうなイメージですが、抜群の効果があるアルミホイル。5枚ほど重ねて、何度かはさみでちょきちょきと切ってみましょう。

はさみで、アルミなどの金属を切ることで、はさみの刃の傷が修復されます。特に、アルミは…やわらかい金属なので、はさみで切れますし、融点が低いので(660℃)、はさみで切るときの摩擦で溶けます。

細かなアルミの粉がはさみの刃の傷や欠けを保護し補ってくれます。あまり大きな欠けには効果が足りないかもしれませんが、細かな傷には有効です。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE