ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

家の中でもグリーンでほっこり インドアガーデニングで冬を楽しむ

   


この記事は私がまとめました

一戸建てを建ててからガーデニングにハマり中。冬場もガーデニングがしたいのに寒くて出来ないので室内で出来るものを探しました。

endioさん

冬はガーデニングがツライ

冬になると育てられる植物が減ったり、そもそも寒かったりしてなかなか外での作業はつらいです。
それでも何か植えたくなってしまう性分。。。

インテリアでガーデニングしよう

簡単に言えば観葉植物を置いたりすることがインドアガーデニングです。
でも屋内におけるのはなにも観葉植物だけではありません。
そこで室内で楽しめる植物たちをまとめてみます。

これからの季節は、家の中で過ごすことが多くなっていくもの。だからこそグリーンを取り入れて、明るく心地よい空間を作りましょう。

まずは王道の観葉植物たち

インドアで植物を楽しむならやはり観葉植物。出来る限りレース越しの日光が当たるような明るい場所に置いてあげるのがいいです。種類が豊富でさまざまな飾り方があるので楽しみの多い植物です。一般的に寒さに強くないものが多いので、リビングなど人がよく居る場所に置くと温度が下がり過ぎずきれいな葉っぱを楽しめます。

観葉植物というのは、鑑賞用の植物であり、葉や植物の形に特徴があるものが多いです。それぞれの観葉植物がそれぞれの個性を持っているため、植物によって形が大きく違い、それぞれの美しさがあります。

管理のしやすさとフォルムが人気のサボテンや多肉植物

サボテンや多肉植物はほかの植物に比べて乾燥に強いものが多く、ちょっと水やりを忘れがちな人でも管理しやすいことが魅力です。また親指の爪ほどの小さなものから購入できるので、アパートなど大きなものを置けなくても楽しめます。かわいいフォルムがとても人気です。

サボテンには様々な種類があります。
もちろん長いものや丸いもの、刺の固いもの柔らかいものといったサボテン自体の違いはありますが、特徴的なのは「花」です。
意外とみずみずしい花を咲かせるのですが、種類によって形も色も異なります。

冬は多肉にとって環境がよくないことが多いです。注意して育てましょう。

•室内での水やりのポイント:水やりは極力控えること
•室内での育て方のポイント:日中はベランダや窓際に置いて日光を当てること

冬でも楽しめる鉢花

花は冬に咲くものも多くあります。少し管理が難しいものもありますが、その管理の一環として冬場に室内に入れれば、室内でお花を楽しめます。まさにインドアガーデニングですね。

春に花を咲かせるチューリップなどは、
寒さを「冬が来た」という目印にしています。
冬が来ないと、春は来ません。
つまり、寒さに当てないと花が咲かないのです。
むやみに室内に入れないようにしましょう。
 
なお、鉢植えで売っているつぼみのついた鉢は、
もう暖かい室内で鑑賞して大丈夫です。
売っているものは、冷蔵庫で2.3ヶ月ほど冷やしてから温室に入れ、
すでに「春が来た」と思わせてつぼみを作らせています。

男前インテリアでも活躍!エアプランツ

エアプランツは土を必要としない特殊な形状をした植物です。水やりも霧吹きをするだけで非常に簡単。鉢が要らないことから飾り方もバリエーションがあり、男前インテリアのアクセントとして人気があります。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE