ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

毎日使うから効果大!洗濯機の簡単な節約テクニック

   


この記事は私がまとめました

ひびきすさん

生活の必需品だからこそ節約したい

しかし、洗濯機を利用しながらも電気代や水道代の節約を意識して利用している人は少ないのではないでしょうか?

簡単にできて効果があり、さらに節約にもつながる洗濯テクニックを考えてみましょう。

お風呂の残り湯を使う

さらに、水が温かいため、水で洗うよりも、汚れが落ちやすいという、嬉しいポイントもあります。

その分洗濯にかかる時間も短縮できるので電気代の節約につながるというわけです。

洗濯物を入れる順番を適切に

これは知らない人が多いようですが、洗濯をするときの原則は、「ズボンなどの重いものは下に、靴下などの軽いものは上に!」です。

そのワケは洗濯機は洗濯液の中でよく回れば回るほど洗浄効果が高くなり、効率よくスムーズに洗濯をすすめることが出来るのです。

洗濯物を痛めないためにも、下着やネットに入れた軽い物は最後に(上に)と心がけましょう。

なんでもかんでも洗濯機に放り込んでいては節約になりません。

洗濯機には適量を

洗濯機の容量いっぱいに詰め込み過ぎると、回転もしにくいし、洗剤が落ちるまでに時間がかかったり、故障の原因になることもあります。

洗濯物を80%にした場合、洗濯槽の中で洗濯ものが踊り、大きな水流を作る事で高い洗浄効果を発揮することが期待できます。

これより多いと綺麗になりません。逆に少ないと、無駄が増えます。ベストは最大容量の80%です。

洗濯洗剤の入れ過ぎには注意

洗剤は多めに入れたところで、洗浄力は適量の場合とさほどかわりません。

それどころか、すすぎに余計に時間がかかってしまい、電気代、水道代の無駄になります。

汚れが酷い場合は洗剤を増やすよりも、事前にある程度手洗いで汚れを落としてから洗濯機に入れるのが節約できます。

洗濯乾燥機はできるだけ使わない

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE