ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

【保存版】ベビーパウダーの活用法25選!美容から意外な使い道まで~

   


この記事は私がまとめました

mona94さん

ベビーパウダーといえば・・・

ベビーパウダーは、主としてあせもやただれ防止に皮膚に塗布する粉末。乳幼児に用いることが多いためこの名がある。タルカムパウダーともいう。

軽度のあせも、かぶれ、ただれ、股ずれ、剃刀負けなどの患部にも効果がある。一年中四季を通して乳児・幼児に使用する。

あせもを防いで、さらっと清潔な肌に

生まれたその日から使えるやさしさのベビーパウダー。
汗を吸収し、あせもを防いで、さらっと清潔な肌に保ちます。

適量を手にとり、気になる部分にやさしくぬります。
オムツ替えや沐浴、入浴後などに
汗のかきやすい季節に。

誕生当時のパッケージ

ベビーパウダーといえばジョンソンエンドジョンソンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ジョンソンベビーの歴史はベビーパウダーからはじまりました。1890年のある日、一人の医師から寄せられた手紙がきっかけでした。軟膏を使うと肌がひりひりすると訴える患者がいるのだが何とかならないだろうか。そこでジョンソン・エンド・ジョンソン研究所のフレッド・キルマー博士は肌の刺激を沈静するためにタルクを原料にしたパウダーを患者に与えることを提案したのです。そして軟膏に添えられることになった小さな缶に入ったパウダーの効果は評判となり、人々からの要望に応えて生まれたのがジョンソンベビーパウダーなのです。

現代女性の多くは、外見の美しさのためには内面の美しさが大切であることを知っています。毎日のスキンケア・ボディケアで外見の美しさを追求しながら、趣味や仕事を通じて内面を磨いたり、毎日ひとりの時間を少しでも作って自分をケアし慈しんだり。そして、家族や友人・パートナーへの思いやりや、その”絆”を大切にしてかけがいのない関係を築いていくのも、とても大事なことだと思っています。このような内面と外見の両方のケアが、自分の表情や素肌の輝きなど、トータルな美しさとなって表れ、彼女たちの目指すイノセントビューティ になると信じています。

ベビーパウダーのいいところ♡

ベビーパウダーはコスパも最強!!

100円台~300円程度で手に入るものがほとんど。
気軽に買えるから惜しみなく使えるのも人気の秘密なんですね♪

・安く手に入り大容量、かつ用途が多彩=コスパ最強!
・お肌に優しい成分でできているので、安心して使える!
・皮脂を吸い取り、あぶらとり紙のような効果も!
・クリアーなつけ心地で、ナチュラルに肌のトーンをアップ!
・パウダーファンデーションよりも使用感が軽い!
・きめ細かいパウダーが、メイク崩れ防止につながる!

Babyだけじゃない!こんな使い方も!

ベビーパウダーには、消炎作用や抗菌作用といった肌に良い効果があります。

そのため、赤ちゃんだけでなく大人でも様々な使い方ができると、注目を集めています。

ベビーパウダーは赤ちゃん専用のものと思って、今まで使ったことがないという人も多いと思います。

しかし、ベビーパウダーはメイクやニキビ予防など美容にも使うことができます。

ベビーパウダーは、使い方を覚えればいろんなことに使えるコスパアイテムです。いろんなことに使えるベビーパウダー、1つは持っておいたい重宝アイテムです。

それでは使い方をみていきましょう

また、ファンデーション代わりにベビーパウダーを使う場合は、粉状よりも固形タイプがオススメです。

粉状を固めたベビーパウダーはブラシでも取りやすいですし、持ち歩きもできます。

ベビーパウダーはファンデーション代わりに使う方法もありますが、メイク後の仕上げに使うフェイスパウダーとして使っている人も多くいます。

ベビーパウダーには、余分な皮脂や水分を吸着する働きがあるため、フェイスパウダー代わりに使うことで、化粧崩れを予防することができます。

付け方は簡単で、メイクが出来上がった最後に、ブラシでサッと顔につけるだけです。

また、最近はメイクにベビーパウダーを使ってメイクを長持ちさせるという方法もあるようです。

口紅を塗った後にベビーパウダーを軽くつけて、グロスを塗ると口紅が長持ちする

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE