ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

【今話題の重曹水】作り方と使い方

   


重曹ってそもそも何?

重曹=炭酸水素ナトリウム

研磨、鹸化、中和、消臭、吸湿、発泡、などの作用があり、《酸性の汚れ》を落とすのに役立ちます。

油脂汚れ、皮脂汚れ(脂肪酸・弱酸性を示す)を溶かし、中和して落としやすくする。酸性の悪臭(肉や魚の腐臭、トイレの尿や便臭、ペットの粗相、嘔吐物、下駄箱の臭い、等々)を中和し消臭する効果があります。

重曹水の作り方

重曹・・・小さじ1杯
水・・・100ミリリットル(1/2カップ)

重曹と水をスプレーボトルに入れ、
フタを閉めてボトルをよく振り、
重曹が溶けたら完成。

【注意点】肌荒れに注意…

重曹はアルカリ性で皮脂の脂も取ってしまうので肌荒れにつながりますので、手袋をつけて利用することをお勧めします。

【注意点】重曹で拭いた後、白くなる…

重曹水は拭いた後に乾燥すると、溶けきらなかった重曹が白く浮き出てしまいます。

対策は…

重曹の分量を守ること。
しっかり二度拭きする事。
お湯でしっかり溶かすのもちょっとした対策になります。

ガスコンロや換気扇の掃除に

重曹水を吹きかけて、丸めたラップやアクリル毛糸でこすれば簡単に汚れが落ちます。

ひどい油汚れには、ペースト状にした重曹を使う

1,重曹と水を2:1で混ぜペースト上の重曹を作る
2,油汚れの箇所に、重曹のペーストを塗布し放置
3,しばらく油を浮かせて、スポンジや歯ブラシでこする

オーブンレンジや電子レンジの掃除に

重曹水を吹きかけて拭くだけで簡単に落ちます。

頑固な汚れの時には…↓↓

排水口の汚れやつまりを解消

重曹を振り掛け、お酢をドバーッとかけてしばらくしたら水で流すだけ。しゅわしゅわっと気泡が発生し汚れを浮かせてきれいにしてくれます。

洗面台の排水口が詰まった時もこれで解決できました。高い洗剤を買う必要は無いので節約にもなり大助かりです!!

茶渋・コーヒー渋を落とす

重曹を振り掛け、熱湯を注いで5〜10分放置し、スポンジでこするだけでスッキリ落ちます。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE