ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

ツナ缶がランプに!災害時に役立つライフハック

   


ツナ缶ってこういう使い方もあるって知ってた?

災害時のためにストックしておきたい非常食として、缶詰は優秀なアイテムのひとつ

出典kaola.jp

○材料
・ツナ缶:1個
ただしツナ缶でも油漬けではない水煮は使えないので注意
・ティッシュ:1枚

○道具
・缶に穴を開けるための器具
穴開け器付の缶切り、釘とカナヅチ、ドリル、キリなど、なんでも構いません

【身近なモノ活用術】ツナ缶の油を利用したランプです。缶に穴を開け、芯を差し込みます。芯には綿のひも等が良いそうですが、コーヒーのフィルタをこよりにして作ってみました。2時間位もちます。もちろん中身も食べました(油が減ってヘルシーかも) pic.twitter.com/cqqeOFN7f0

警視庁のツイッターでも紹介されてた

でも、肝心な火を起こすものがなかったら…?

やり方は非常に簡単。ガムの包み紙になっている銀紙を縦に割いて、プラスとマイナスで挟み込むだけ

あっという間に火がついた!

チューインガムの包装紙を切り取り、真ん中で折る。真ん中部分を切ってショートしやすくなるように細くする

これがポイント!

でもこれ、うっかり手が燃える危険性もあるのでそこんところは注意が必要

これ本当にすぐ火がつくので、もし試す場合はヤケドに気をつけて

少ない水でもご飯が炊ける方法

○材料
・シングルバーナー
・コッヘルまたはお鍋
・ジップ袋
・無洗米 1/4合~1合
・水(炊飯用)米と同量より少し多め
・水(煮沸用)ジップ袋が7~8割浸かる程度

簡単に説明すると沸騰したお湯に、お米と水を入れたジップ袋を入れて、煮沸しながら15分ほど炊くという炊飯方法

沸騰させるためのお水だったら、川の水でも雨水でもOK

フライをする時コロッケやポテトができ上がる前は 油面に浮いてくる。ポリ袋に入ったご飯も浮いてきた

だいたい20分くらいが目安

ジップ袋で炊いたごはんは食器に移してもいいが、袋からそのまま食べてもいい。そうすれば無駄な食器を使わなくて済む

もちろん洗い物も出ない

ナイフがなくても女性の力でも簡単に切れる

ロープを切るにはハサミやナイフが必要なのは当たり前だが、ある方法を使えば刃物を使わずに切ることも出来る

このように足でしっかり固定して、ロープを切る

床に置いて両足で押さえる。印が真ん中にあることを確認し、ヒモの余った部分を印の下に潜らせて、ぴんと張るまで引っ張り上げる

ロープとロープをこすり合わせ、摩擦の力で少しずつ切っていくというかなりシンプルな方法

ナイロンのロープやヒモだとうまく行くが、他の材質でも太すぎなければ可能

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE