ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

【保存版】 暖房器具の種類 メリットデメリットと省エネ節電方法

   


暖房器具 種類一覧
・エアコン<電気>
・石油ファンヒーター≪灯油・電気≫
・ガスファンヒーター≪ガス・電気≫
・蓄熱式暖房(蓄熱ヒーター)<電気>

・石油ストーブ≪灯油≫
・電気ストーブ<電気>
・カーボンヒーター<電気>
・ハロゲンヒーター<電気>
・パネルヒーター<電気>
・オイルヒーター<電気>
・セラミックファンヒーター<電気>

・ホットカーペット<電気>
・こたつ<電気>
・床暖房≪電気orガス≫

・セントラルヒーティング≪灯油・ガス≫
・蓄熱式暖房(蓄熱ヒーター)<電気>

暖房器具は「部屋の空気を暖めるタイプ」と「身体を暖めるタイプ」の、大きく二つに分類できます。

■部屋全体を暖めるタイプ
(1)温風で暖めるタイプ(対流式)
部屋を早く温めますが、体に風があたるなど不快感があるのがデメリット
 エアコン、ファンヒーター

(2)赤外線でじんわり暖めるタイプ(輻射式) 
自然対静かで穏やかなため快適性が高いのですが、暖まるまでの時間がかかります

・赤外線ヒーター(電気ヒーター)・・・遠赤外線ヒーターで暖めるタイプ
部屋全体を暖めるにはそれなりの時間がかかるが、立ち上がりが早いので、
器具のそばならすぐに暖かさを感じる。
→電気ストーブ、セラムヒーター、カーボンヒーター、パネルヒーター

・オイルヒーター
機器本体内のオイルを加熱して暖めるタイプ

■身体を直接暖めるタイプ
身体が接触することで暖をとるタイプ。部屋全体を暖めるパワーはありません。
ホットカーペット、こたつ、あんか、ひざ掛け、カイロ など

メリット・デメリット

【エアコン】
メリット
光熱費の効率は全暖房の中でも最も高い(ランニングコストが安い)
安全である
部屋全体を暖める能力が高い

デメリット
空気が乾燥しやすい
機器代金が他の暖房器具より高額(イニシャルコストが高い)
室外機を設置するスペースが必要
________
【石油ファンヒーター】
メリット
速暖性が高い
部屋全体を暖める能力が高い
光熱費効率性が高い

デメリット
灯油を補給したり購入するための手間がかかる
定期的な換気が必要
灯油独特のにおいがある
停電時は使用不可
________
【ガスファンヒーター】
メリット
速暖性が高い
部屋全体を暖める能力が高い
石油ファンヒーターと比較して燃料を補給する手間がかからない
石油ファンヒーターと比較して嫌なにおいが少ない

デメリット
  初期コスト(工事費)がかかる
経済的効率性で見れば石油ファンヒーターの方が高い
定期的な換気が必要
停電時は使用不可
________
【セラミックファンヒーター】
メリット
安全性が高い
速暖性が高い
加湿器機能などの付加機能が充実している

デメリット
電気代が高くつく
広い部屋には適さない

*************************************************************************

【石油ストーブ】
メリット
部屋全体を暖める能力が高い
対流と輻射熱の両方を活用した効率的な暖房器具である
  石油のみ(+乾電池)を使った暖房ですので、ファンヒーターとは異なり停電時も利用できる

デメリット
灯油を補給したり購入するための手間がかかる
定期的な換気が必要
灯油独特のにおいがある
ファンヒーターと比較して部屋全体が温まりにくい
________
【電気ストーブ】
メリット
速暖性が高い
機器代金が安い
空気を汚さない

デメリット
消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく

________
【カーボンヒーター】
メリット
空気を汚さない
他の電気式ストーブと比較して効率が良い
熱の届く範囲が他電気ストーブよりも広い(遠赤外線量が多い)

デメリット  
長時間の使用は電気代が高くつく
機器代金が他の電気ストーブと比較して高い
________
【ハロゲンヒーター】
メリット
速暖性が極めて高い
機器代金が安い
空気を汚さない

デメリット
ホコリがたまると火事になる恐れがある(こまめな掃除が必要)
ランプの原理を利用しているので発熱面が眩しい(ぎらぎらする)
消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく
________
【オイルヒーター】
メリット
部屋全体があたたまると快適
空気を汚さない
安全性が高い

デメリット
電気代が高くつく
部屋をすぐに暖める能力は低い(温まるまで時間がかかる)
________
【遠赤外線パネルヒーター】
メリット
安全性が高い
空気を汚さない

デメリット
  長時間の使用は電気代が高くつく
________
【ハイブリッドヒーター】オイルヒーター機能と遠赤パネルヒーター機能の両方の機能を併せ持つ

メリット
速暖性と部屋全体を暖める二つの機能を持つ
安全性が高い

デメリット
  電気代が高くつく
広い部屋には適さない

*************************************************************************
【ホットカーペット】
メリット
他の暖房器具と併用することで体感温度アップ
安全性が高い

デメリット
  暖房効果が及ぶ範囲が限定的
________
【こたつ】
メリット
速暖性を持ち、部分暖房効果は高い
一度温まれば効果は比較的長持ちする

デメリット   
ごく一部にしか暖房効果がない
ライフスタイルによっては暖房効果が期待できないことがある
________
【床暖房】
メリット
床を直接暖めるので輻射熱により快適。体感温度も上がりやすい。
安全性が高い

デメリット
  導入費用が高い
________
【セントラルヒーティング】
メリット
家全体を暖めることができる
安全性が高い
局所暖房よりもランニングコストが安い

デメリット
  初期費用が高くつく
________
【蓄熱式暖房(蓄熱ヒーター)】
電気を使ってレンガなどの蓄熱性のある素材を
あたためておき、その熱を使って暖房する暖房器具。
割安な深夜電力を使えるオール電化住宅向け

メリット
割安な深夜電力を利用するため効率性が高い
デメリット
重量がある。
サイズが大きいので、冬場以外の時期に邪魔になりやすい

参考・引用
暖房器具比較~暖房器具の賢い選び方~ http://www.danbo-navi.net/itiran/denki-aircon.html

【電気代のこと】節電・省エネ 方法

1.設定温度、消費電力を抑える

・エアコンは『20度』までに抑える!!
・暖房器具は、始から省エネモード・低消費電力設定で使用する

「対流式」の暖房器具は、部屋全体を短時間で暖められる一方、室温(設定温度)に対して体感温度が低く感じてしまいがち。

設定温度を低くしても快適に過ごすには、ホットカーペットやこたつなど体感温度が高いサブ暖房を組み合わせるようにしましょう。

2.使用時間を減らす

・暖房器具を使用する際、タイマー機能をセットしておく

ただし、省エネタイプのエアコンの場合、こまめな電源コントロールはかえって電力消費の原因になるので要注意。自動モードまたは省エネモードで運転しておくほうが、電源のオン・オフを繰り返すより省エネになります。

3.エアコン+○○の組み合わせで省エネ!!

「対流式」の暖房器具は、部屋全体を短時間で暖められる一方、室温(設定温度)に対して体感温度が低く感じてしまいがち。

設定温度を低くしても快適に過ごすには、ホットカーペットやこたつなど体感温度が高いサブ暖房を組み合わせるようにしましょう。

・『エアコン + サーキュレーター』 部屋全体を効率よく暖める

・『エアコン + こたつ(ホットカーペット)』 少人数で一定の場所で温まる
  エアコンの設定温度を低くしていても、下半身を直接温めれば、血流がよくなって全身が温まります。
  ホットカーペットはこたつの倍以上の電気代がかかるといわれているので要注意

・『エアコン + ストーブやファンヒーター』すばやく節電しながら温まる
  立ち上がりが早く即暖性のある暖房器具と組み合わせる

参考HP
http://www.dinos.co.jp/hotdinos/antenna/style/111108/

★電気代の計算式 ★
電気代=消費電力量(kWh)×電気料金単価(22円)
消費電力量(kWh)=(消費電力(W)×使用時間(h))÷1000

5.5ヶ月の間、室内温度を20℃に維持した時の消費電力
All About家電ガイド・作成2011.11

消費電力で比較した場合、設定温度を強くしたときにより消費電力が抑えられそう

ホットカーペットは、電気代が抑えられると思っていましたが、『弱』以外は光熱費が思っていたより
高くなってしまうみたい・・・

4.エアコンの節電

風向きルーバーを『下向き』に設定

暖かい空気は天井付近に、冷たい空気は部屋の下のほうにたまりやすいので、
まず風向きルーバーを下向きに設定し、部屋全体を素早く暖める

エアコンから床に向かって出た暖かい空気は、自然と天井に向かって上がっていくため、
結果、部屋全体を暖めることができる
ただし、風が直接体に当たると体感温度が下がり寒く感じるので、
部屋が暖まった後は、風が直接体に当たらないような風向きにしておくほうがよい場合がある

出かける10分前までに電源OFF

お出かけの際も、部屋を出る直前ではなく10分ほど早めにスイッチをオフにしたり、タイマーを上手に使いましょう。そうすれば、節電だけでなく、外に出る前に、からだもゆっくり寒さになじむので、外の冷たい風に急激に当たった時のヒートショックも緩和できます。

出典 http://www.daikin.co.jp/index.html

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE