ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

東大生の家庭の54.8%が「年収950万超」の富裕層という事実・・・貧乏人が這い上がるのは無理なの?

   

東大生の家庭の54.8%が「年収950万超」の富裕層という事実・・・貧乏人が這い上がるのは無理なの?

「東大生の親」は我が子だけに富を“密輸”する データは踊る【9】:PRESIDENT Online – プレジデント
~(略)~
国立大学の中でも難関を極めているのが東京大学ですが、この最高学府の学生(約1万3000人)の出自はどうなっているのでしょう。

家庭の年収分布は如何。パンドラの箱を開けるようでちょっと怖いですが、データをみてみましょう。

資料は、2014年度の『東京大学学生生活実態調査』です。同大学の学部学生に、家庭の年収を尋ねた結果が掲載されています。東大生の特徴を知るために、大学生くらいの子がいる世帯全体(一般群)の年収分布との対比もしましょう。

図1は、両群の年収分布を帯グラフにしたものです。年収階級の区切りがやや不自然ですが、東大調査の区分に合わせていることを申し添えます。

img_7fb8b524be5253312078069a08bab58236425

むうう。2つの群の違いが火を見るより明らかです。

東大生の家庭では年収950万超が54.8%を占めています。一般群では22.0%でしかないことを考慮すると、東大生は富裕層に著しく偏しているといえます。逆をみると、年収350万未満の低収入層は一般群では24.5%ですが、東大生では8.7%しかいません。
~(略)~
http://president.jp/articles/-/17938より一部引用:全文はソースで

続きを読む

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE