ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

【笑いの神秘】人が笑う本質『緊張の緩和』とは?

   


笑いが起きる『緊張の緩和』とは?

元々、哲学者のカント、落語家の桂枝雀などに指摘されている理論です。「緊張と緩和」とも言われています。

枝雀師はこの「緊張」を張り詰めたというような緊迫感を言うのではなく、ごく普通の「なんだろう」と見入る程度を「緊張」として論じています。

笑いは緊張が緩和された時に起きる

つまりユーモアとは、対極に位置する緊張状態からリラックス状態へ変化する時に笑いが生じる、という考えです。

笑いは緊張と緩和で決まる。面白さは答えの素晴らしさではない。

・「緊張」は相手の気持ちが高まる状態
・「緩和」は相手の気持ちが安心する状態

笑いは人々に難局に立ちむかう緊張を緩和し、ゆとりと活気を生む「ストレスの良薬」

▼例えば

たとえば、小さい子供がコケても笑いにならへん。じゃあ、誰がコケたら笑いになるか、一番エライ大統領がコケるのが、緊張が緩和するってことじゃないですか。

千原ジュニアさんのコメント

・大統領(緊張)
・コケる(緩和)

『緊張の緩和』は日常にもある

言葉もわからない赤ちゃんはなぜ笑うのか?その理由に緊張の緩和論も考えられています。

・いないいないばあ(緊張)
・母親・慣れ(緩和)

例えば赤ちゃんに「いないいないばあ」をする。初めは笑わない。緊張が勝っているから。

緊張が強すぎて泣く場合もあります。

信頼の置ける母親が「いないいないばあ」をすると笑う。これは「ばあ」とした瞬間に緊張が発生するが、両者の間で信頼がある、つまる緩和が土台にあるから

知らない人だったらただ”怖い”。

・変顔(緊張)
・友達(緩和)

友人同士で変な顔をして笑わせるのも同じだ。ふざけているというのがわかったら面白いが、全く知らない人が急に目の前で変な顔をしてきても怖いだけである。

友達や家族の前でふざけておならしませんか?その状況が真面目な時ほど場が和みます。おならってすごいんです。

・真面目な話(緊張)
・おなら(緩和)

様々な芸人芸にも隠された「緊張と緩和」

まず、基本のお笑いトーク。

・フリ(緊張)
・オチ(緩和)

【漫才】

・真面目なボケ(緊張)
・怒るツッコミ(緩和)

真面目なボケと、怒るツッコミ。次第に喧嘩状態になり緊張がピークに達するなか、行き過ぎた生真面目から出るボケによってドカンドカンと笑いが起きる。

【小ネタ】

上島竜平さんのお家芸。これもまさにそう。

・怒り(緊張)
・キス(緩和)

二人が段々と怒り始めます。怒りが頂点に達した緊張状態で、いきなりお互いにキスをする(緩和させる)

【大ネタ】

「笑ってはいけない」シリーズは条件がすでに”緊張”状態。

・笑わない(緊張)
・笑わせる(緩和)

緊張と緩和の振れ幅を最大化

ダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズも、"笑ってはいけない"と緊張状況をルールに組み込むことで、緩和との振れ幅を最大化している。

【語り】

すべらない話でも緊張と緩和を取り入れた話の作り方をしています。

▼誰でもできる「すべらない話の作り方と話し方」
http://goo.gl/8ce07B

前回MVSの小藪さんが「葬式中に虫が頭に乗っかったおじさんの話」をしていましたが、まさに緊張と緩和を上手くアレンジした話でした。

話の題名でも緊張と緩和が伝わってきます。
・葬儀中(緊張)
・虫が頭に乗っかったおじさん(緩和)

『緊張と緩和』を取り入れた会話のコツは?

真顔で話す(緊張感が高まる)

話し手は先に笑わないこと。真面目な顔で緊張の雰囲気を作り出します。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE