ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

家庭の電気消費量ナンバーワン!冷蔵庫の電気代を節約する方法

   


基本的に付けっぱなしで使う冷蔵庫

家庭の中で消費電力が一番多い家電製品は、冷蔵庫です。

節約生活をする上で欠かせないのが、電気代の節約

冷蔵庫は1年365日、24時間働き続けているので消費電力の高い家電です。

冷蔵庫の家庭における1ヶ月の電気代は全体の10%程度にもなっているので節電効果は大きい

冷蔵庫は使い方次第で電気代を大きく節約することができます。

設定温度

冷蔵庫は、温度調節を「強」から「弱」にするだけで、約20%の電気代節約となる。

夏は「強」、冬は「弱」という具合に、季節に併せて温度を変えるのが良い。

冷蔵庫の設定温度は、買ったままいじっていない人は一度実践してみてください

開けている時間を短く

室温30度の時に冷蔵庫を開けると、数秒間で1〜3度も冷蔵庫温度が上昇すると言われています。

閉めた後に冷やしなおすのですから、その分がまるっと電気代に上乗せされてしまいます。

開ける時は何を取り出すのか整理した上で、回数を分けずに一度に取り出すようにしましょう。

側面や前面に張り物をしない

ドアや側面には冷蔵庫を冷やすための放熱部分があるので、紙などを貼ってふさいでしまうと、電気代が上がることに。

冷蔵庫の側面や前面は放熱部となっている場合が多く、そこから熱を放出しています。

そこにプリントやマグネット、シールなどを貼ると、放熱効果が下がってしまい、冷却性能の低下や電力消費量の増加につながってしまいます。

冷風口を塞がない

冷蔵庫の中で冷風が循環しやすくなっていれば、効率よく中のものを冷やせ、余分な電気を消費することが少なくなります。

冷気の吹き出し口の前にはものを置かないようにし、できるだけ真ん中を空けてコの字型に収納すれば奥まで見渡せますし、お目当ての食品も探しやすくなります。

内容物の整理は、冷蔵庫・冷凍庫の開閉の回数や時間にも影響を与えます。賞味期限が短い物や、すぐ使いたい食材などは常に前面に置くようにします。

壁から離す

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE