ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

拭いたテーブルが臭い・・原因の『ふきん』正しく除菌してる??食中毒予防にも!3つの布巾除菌方法

   


毎日洗っている『布巾』なぜ臭うの??

汚れたままのふきんでテーブルを拭くと、テーブルに菌をつけてしまいます。テーブルが臭う原因になる

臭いの原因は『布巾の除菌不足!』

ふきんについた菌は、放置しておくと繁殖して膨大な量になります。
半日ほど放置するだけで、900倍から8000倍になるというから驚きです。

簡易に洗い拭くだけでは、バイキンの温床を作っているだけになります。

家族の食卓を守るためにも除菌は必須ですね。

夏場は食中毒も流行るので特に気をつけたいです!!

ふきんを除菌をすると臭いだけでなく、食中毒を予防することもできるので一石二鳥ですよ!

『本題』<布巾の洗濯・除菌方法>

1 台所用の桶に水をためます
2 塩素系の漂白剤を入れ、その中に布巾を浸します。

数分後、ふきんをすすいで、余分な漂白剤を取り除きます。
ゆすぎ終わったふきんをしっかり絞り、日当たりと風通しのよい場所で、ふきんを干します。
ふきんが完全に乾いたら、OK。

ふきんを軽く洗った後、熱湯に1分間浸しましょう。できれば鍋などの容器に入れてグツグツ煮るとしっかり除菌できます。
菌は熱に弱いので効果的ですし、慣れれば楽ですが火傷には本当に気をつけてください。

桶を使い布巾を洗剤で洗い、良くすすぎ、しっかり絞ります。
あとは天日干しで乾くまで干しだけ。
日当たりが良く、風通しのよい場所で干すのがポイントです。

菌は乾燥にとても弱く3時間ほど天日するだけで、除菌することができます。
一番安全でカンタンな方法なので、おススメです。

<重要POINT>は『しっかり乾燥させる事』

一度しっかりと乾燥させる事をしないと結局雑菌の温床となります。
なんとなくすすぎ、テーブルに置いておく・・・その癖を無くす事が大切のようです。

『布巾は複数枚ストックがあると良い』

少ない枚数で回していると中々洗うタイミングもつかめません。
食卓用、キッチン用など色で分け、かつ洗い替えもあるのが理想の枚数でしょう。

『ペーパータオルを使う』

絞って使えるタイプのペーパータオルは簡単な雑巾がけにも堪えられる耐久性(しかも数回洗っても大丈夫!)なので掃除にも重宝します。
それに毎回おろしたてなので気持ちよく使えます。
キッチンまわりはペーパータオル派は多くいる様です。

食洗機かキッチンペーパーを使います。
食器を拭くことができるほどきれいな状態で維持するのが煩わしいと思うからです。

食器用布巾は無し派の方です

<番外編>布巾を使わない家庭も多数!

台ふきんはテーブルに常備してあるウェットティッシュ、
台所用(調理台をふく)のはキッチンペーパー、
食器は自然乾燥
という手の抜きよう。

台ふきんは特に設けてなく、シンクやコンロはキッチンペーパーで、テーブルはウェットシートで拭いています。

『完全ペーパー宣言!!』

うちでは完全にペーパーです

まずはテーブルには霧吹きが置いてあり、食べカスや消しゴムのカスなどもティッシュや紙で、シュッシュしてフキフキしてポイ

キッチンではお皿は食器洗い機なので、自動で感想か、洗浄だけしてフタを開けて自然乾燥

キッチン台を拭くのもロール紙やキッチンペーパーが主

なので、何かを拭いてから洗って濡れた状態の布というのは存在しません

これはある意味尊敬!部屋がすっきりしますね。作業効率重視で考えると賢い判断かもしれません。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE