ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

家庭で簡単♪ こんな時の染み抜き方法!《事務用品編》

   


【紹介しているシミの種類】

えんぴつ、ボールペン、油性ペン、水性インク、接着剤、墨汁、朱肉、機械油、鉄サビ、修正液・修正ペン、クレヨン、ペンキ

☆★☆事務用品以外のシミ抜きはこちら☆★☆

①シミ部分に食器用洗剤をつけ、綿棒でなじませます。
 シミ部分がうすくなるまでくり返します。

②水で洗い流します。

①シミ抜き剤を作る

消毒用エタノールと台所洗剤を同量混ぜます。

②シミ部分を裏返しにしてタオルやペーパーを引きます

シミ部分を裏返し、下にタオルやキッチンペーパーなどを敷き、ボールペンのシミ部分に直接当てます。
作成した染み抜き剤を綿棒や染み抜き棒につけ、上からトントンとたたきます。
インクのシミを下のタオルやペーパーに移していきます。

③シミ部分を簡単に水ですすぎます。

「クレンジングオイル」が相当効きます。
女性が化粧を落とす時に使う、洗顔料の一種です。
水で乳化し、洗い流せるタイプがお勧めです。

水性インクは、シミ部分にタオルなどの布を当てて、生地の裏側から中性洗剤溶液で叩き出す様に処理します。
シミ部分に当てた布に、シミが移らなくなるまで繰り返します。
色素が残留した場合は漂白処理します。

①接着剤がまだ乾いていない場合は、割りばしなどで取れる部分を取り除きます。

②マニキュアの除光液をシミに滴下して接着剤をゆるめ、割りばしでそぎ落とします。
注*アセテートに除光液は使えません。
台所用洗剤をそのままつけて、爪の先を使って細かくつかみ洗いをします。

③シミが消えたら水をつけた歯ブラシでたたいて、よくすすぎます。
乾いたタオルで水分をよく吸い取り、自然乾燥します。

①墨汁のシミ部分を水で濡らし、固形石鹸をこすりつけます。

すぐに、墨汁が広がりますので、水道水で洗い流します。
固形石鹸がなければ、台所洗剤でも可。

②シミ部分をもみほぐします

再度石鹸をすり込み、墨汁のシミがなくなるまでこの処理を繰り返します。

③そのまま、衣類に合った方法で洗濯します。

①除光液を使用する

アセテート・トリアセテートの衣類には除光液は使用しないで下さい。
除光液がない場合は、クレンジングオイルでも使も落とせます。

②除光液を歯ブラシなどに付け、シミ部分をやさしくたたきます

③シミ部分を簡単に水ですすぎます。

④そのまま、衣類に合った方法で洗濯します。

①ベンジンを使用する。ベンジンがない場合は、クレンジングオイルに中性洗剤を混ぜて使用しても落とせます。

②ベンジンを歯ブラシなどに付け、シミ部分をやさしくたたきます

機械油のシミの下には、タオルなどを敷き行います。
シミが取れない場合は、シミ部分に台所洗剤をつけ、手でもみほぐします。
デリケートな衣類や濃色の衣類の場合は、歯ブラシなどでやさしくたたいてください。

③シミ部分を簡単に水ですすぎます。

④そのまま、衣類に合った方法で洗濯します。

還元系漂白剤(ハイドロハイターなど)の溶液につけます。
塩素系漂白剤につけると余計に濃くなってしまいます!

・時々、つけおきの様子を見るようにしましょう。 最後は、水でよくすすぎます。
*漂白剤によるつけおきは、の衣料ではできません。
*必ず、衣料の絵表示を確認し、衣料にあった漂白剤をお使いください。

(1)完全に乾いてから、手でもみ落とします。

(2)シミの部分に歯磨きをつけて指先で細かくもみ、水で流します。

(3) (1)(2)を何度も繰り返しシミが薄くなったら乾いたタオルで水分をふきとり自然乾燥させます。

まず台所用の洗剤と、クレンジングオイルを混ぜて洗剤を作ります。割合は1:1が基本。
出来あがったものをしみにつけ前ページと同じように、もみ洗い&ぬるま湯ですすぐを繰り返します。

水性、油性問わず乾燥前であれば台所用中性洗剤の原液に近い物で、繊維の擦れに注意すれば程度によりますが落ちるでしょう。
乾燥した場合は繊維によりシンナーなどの有機溶剤で柔らかくしてから上の処置を行う事が出来ますが、繊維の扱い、溶剤の種類等色々難しいところが有ります。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE