ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

最近のマッサージ器は「人の手の温もり」を再現してくれるらしい・・・これは今後に期待できるな

   

最近のマッサージ器は「人の手の温もり」を再現してくれるらしい・・・これは今後に期待できるな

かつてはいす型が主流だったマッサージ機で、自前のいすの上に敷くシート型や首元に据えるまくら型などの商品が増えている。30万~40万円台が中心とされたいす型と比べ、格段に値段が安いためで、最近では部位に特化したりヒーターを内蔵したりと機能性の高い商品も登場。高齢者に限らず幅広い世代の人気を集めている。(織田淳嗣)

■人の手の温もり

いすに敷くシート型のマッサージ機は、シート内部に電動の「もみ玉」と呼ばれる球状の突起を備えるタイプが多く、こりをほぐしたい部分にシートを当てて使用する。

従来の主流だったチェア型のような複雑な動きはできないものの、高額ないす型と比べ、10分の1程度の価格で購入できるのが魅力だ。

健康機器などを製造するアテックス(大阪市平野区)では、椅子に掛けて手軽に使えるシート型のマッサージ機「AX-HXT218」を販売。「リズムたたき」と「ひねりもみ」という2通りの療法を同時にできる。

すべてのもみ玉にヒーターを内蔵。人の手の温もりを再現した。温めながらマッサージの効果を高めるという。担当者は「いすやソファでくつろぎながら肩や腰をマッサージできます」と話す。

マッサージ機の販売などを手掛けるドリームファクトリー(大阪市北区)は、首やふともものこりをほぐすのに最適なまくら型のマッサージ機「Dr.Air3Dマッサージピロー」を販売している。

高電圧をかけて電界を発生させ、治療する医療機器「電位治療器」などを製造してきた実績を商品開発に生かしたといい、担当者は「家庭に置いていただきたいものを、よりお求めやすい価格で届けたい」と説明する。

■単価はアップ
~(略)~
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160605/bsc1606050708001-n1.htmより一部引用

続きを読む

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE