ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

海外で大人気♡フラワーシャンデリアのあるお部屋がオシャレ!

   


海外の結婚式でよく見かけるフラワーシャンデリア

海外のウェディングで見かけることがある、お花を天井から飾るフラワーシャンデリア♡

ナチュラルだけど華やかさがとってもステキですよね♪

いつもは花瓶などに飾るお花ですが、逆に吊るすことで新しいお花の楽しみ方が出来そう♪

自宅のインテリアに取り入れるとオシャレ空間に!

お花でつくったシャンデリアでお家がパッと華やかに!

シャンデリアと言えばお城やお屋敷にあるような、あのキラキラの大きな照明器具を思い浮かべますよね♡

出典iemo.jp

リボンの先にお花を結んで吊るしてもステキですね!

フラワーシャンデリアとはお花を上から吊るすことにより幻想的なシャンデリアのように見せるDIYアイデアのこと。

特に海外のインテリアでよく見かけます。

水を必要としないプリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーでアレンジすることで、今までお花を飾れなかった上部の空間を華やかに彩ります。

造花を使ってつくっても良さそうですね。

上から吊るされているという普段と違うお花のディスプレイに、驚き、お花に包まれているようなあたたかい気持ちになりますよね。

夏はひまわりをブーケ風にして吊るせば季節感のある空間に!

お花のシャンデリアがもたらす潤いの空間。インテリアデコレーションの新しい提案です。

グリーンとカラフルなお花の組み合わせもステキ♡

壁側に吊るしてもお洒落ですね!

フラワーシャンデリアをDIYしよう♡

・好きなお花 40本くらい
・好きなサイズの木枠 1つ(手芸用売り場で「クロスステッチ用 木製 丸枠」の購入が便利です)
・リボン 15〜20ヤード(約13m65cm〜18m20cm)
・レースリボン 1〜2ヤード(約90cm〜180cm)
・Dリング 1つ
・グルーガン
・はさみ

リボンを3ヤード(約270cm)の長さに、2本分カットします。カットした2本のリボンをまとめて半分に折り、画像のようにDリングに通します。

リボンの先をもう片側のループになった部分に通し、堅く結び目を作ったらOK。Dリングから4本の同じ長さのリボンが垂れ下がるはずです。

Dリングから18インチ(約45cm)のリボンのところに、マーカーで目印を引きます。

次は、木枠。(「クロスステッチ用 木製 丸枠」をご使用の場合は、外側の枠を取り外してください)
木枠の円周を4等分にしたところで、それぞれマーカーを引きます。
木枠とリボン、両方のマークした部分を合わせ、木枠の内側でグルーガンで留めます。

このとき、木枠にグルーガンで “V” の字を書くように塗り、リボンを巻きつけるとしっかり固定されます。

これを4箇所、4本のリボン、それぞれに繰り返してください。

これでベースは完成!

ここからはお花を挿していく工程。

4本それぞれの下に垂れ下がっているリボンの先に、お花を結んでいきます。

ここからは、余った他のリボンを使っていきましょう。
あえて異なる長さにカットしたリボンを使ってもステキ。それぞれ、しっかりV字にグルーガンで木枠に固定してください。
お花同士の間隔は、全体のバランスを見ながら好みに応じてで大丈夫です。

上から吊るしながら制作すると、綺麗にできあがります。

フラワーを全部足したら、全体のバランスをよく見てみて。片方に体重が傾いてないかよくチェックしましょう。

最後はレースのリボンを、木枠の外側に巻いて、グルーガンでしっかりと固定します。

上を向くと、こんなステキなお花が飾られてるインテリアってこだわりがあってステキですね!

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE