ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

実は損してる!?ついやりがちな『間違った節約術』に気をつけろ!

   


貯金したい!と思ってるあなた、「間違った節約法」に陥っていませんか?


Photo by Chris Ryan / OJO Images

貯金したい!と思ってるあなた、「間違った節約法」に陥っていませんか?

頑張って節約しているつもりでも、間違った節約や思い込みのお金管理をしてしまっている人結構いますよ。

・「節約のために特売品しか買いません!」⇒余計なものまで買っていませんか?

安い食材を買うなどのことは、節約する上ではとても重要です。

買いすぎて賞味期限が切れてしまったり、置く場所がなくて使い勝手が悪いところに仕舞い込んで存在自体を忘れてしまったり。

使い切れなくて余らせてしまったということになっては、せっかくの節約の意味がなくなります。

また、食料品も日用品も、単価が安いので、思ったほどの節約になりません。
まとめ買いをしても節約効果はほんの数百円ほどにしかならないのです。

たとえば、いつも398円のドレッシングが安いからと買いだめしたものの、賞味期限までに使い切れず、結局ムダにするよりは、ドレッシングがなくて走ったコンビニで428円のものを買う方がムダにするお金は少ないと思いませんか?  ストックは保存がきくものを1つまで、というような基準を設けましょう。

もちろん定価よりも安く買うのはトクですが、食料品も日用品も、単価が安いので、思ったほどの節約にはならないんです。たとえば食器洗い洗剤は、一般的なもので1パック100~200円程度。安売りでも、値下げ額は数十円ほどにしかなりません。まとめ買いをしても節約効果はほんの数百円ほどにしかならないのです。

・「毎日スーパーを回って安くて良いものを買っている!」⇒買い物の頻度を下げたほうがラクにお金が貯まる

特売品を買うために、ほぼ毎日スーパーに行く人ほど、ス食費や雑費は高めになりがちです。

それは、特売品だけ買うつもりでも、ついつい他のものを買ってしまうから。
スーパーも、売り場の工夫をしてほかのものを買わせようとしているのです。

買い物の頻度を下げたほうがラクにお金を貯めることができます。

「とにかく底値で」「できるだけ新鮮なお野菜を」と意気込んでスーパーを回る人ほど食費や雑費は高めです。なぜなら、特売品だけ買うつもりでも、ついつい、他のものを買ってしまうから。スーパーも、客がつい手を伸ばしてしまうように売り場の工夫をしています。

ドラッグストアのチラシ、日替わり特売欲しいのが3日間バラバラに安くなる。3日行くのもなぁ。。。。少しでも節約したいけど行くと余計なの買うから逆に浪費ε=ヾ(๑▣ω▣)

・「何から何まで安いものを買っています!」⇒「安物買いの銭失い」、してませんか?

安い物を買えば、それはそれだけ出費が抑えられ、節約にもなります。
しかし、安い物にはそれなりの安いという理由があり、素材が悪かったり、中古品だったりします。
特に長く使う物や、生活で重要な品物は、安いと思って買うと、逆に損をすることにもなります。

安物を購入して節約した気になっていると、数年後に壊れてまた買い直さなければならなくなるのです。

安物を購入して節約した気になっていると、数年後に壊れてまた買い直さなければならなくなるのです。 結局のところ、最初にお金を出しておいた方が安かったということは往々にしてあります。

安物買いの銭失いには本当に気をつけような…安いからって不味いものやつまらない物を買わないようにしような…

・「家計簿をきちんとつけている!」⇒収支を合わせることが目的に…。

家計簿をつける目的は、収支合わせではありません。

毎月いくらのお金を使っているのか、また、特別な支出として、何に、いくら使っているのかを把握することが大切なのです。

単に家計簿の収支が合わせるということが目的になっては、貯金には結びつかないのです。

家計簿をつけた結果、収支が合わなくてもかまいません。100円単位(10以下は切り捨て)の記録でもかまいません。毎月いくらのお金を使っているのか、また、特別な支出として、何に、いくら使っているのかを把握することを目的としましょう。

家計簿使って分かったこと、節約ができるとかそういうわけでもなく、ただこの二日間で5000円使った事実だけだった

・『食費の節約をしています』⇒体調を崩して大出費に…。

節約と聞き、毎日の食費を減らそうと考える人が多いですが、実は大間違い!

バランスの良い食事は健康を維持する為の基本。
食費を節約して、病気になってしまっては、治療費や薬代で思わぬ出費が増えてしまったりと節約どころか、余計な支出を増やしてしまい、折角の節約も台無しです。

食費を節約して、病気になってしまっては、治療費や薬代で思わぬ出費が増えてしまったり、美容を維持する為に、サプリメントを使用したり、今までより高い化粧品を使ってしまっては、節約どころか、余計な支出を増やしてしまい、折角の節約も台無しです。

栄養バランスが崩れてしまうと、免疫力が低下してしまう為、体力が落ち、風邪を引きやすくなったり、思わぬ病気になる事も。

女性の場合は、お肌の調子が悪くなり、いつもと同じ化粧品では、化粧が上手く行かなくなってしなう場合があります。

食費削りすぎると体調崩したとき大変だよ(実体験)

・『公共料金もカードで支払えば節約間違いなし』⇒口座振替のほうがオトクなことがあります

カードで支払うことでポイントも貯まったりするので『公共料金もカードで支払えば節約間違いなし』とは言い切れません。

公共料金の中には口座自動振替にすると月額50円程度、年間で600円ほど割り引かれる制度を設けているものがあります。

クレジットカードの還元率によっては口座振替がオトクになります。

公共料金の中には口座自動振替にすると月額50円程度、年間で600円ほど割り引かれる制度を設けているものがあります。

クレジットカードのポイント還元率が0.5%なら電気代が1万円以下、還元率が1%なら電気代が5000円以下ならクレジットカード払いよりも口座振替がオトクになります。

ガスとか電気の支払いで、口座振替にするとちょっと割引してくれるサービスがあったりする。調べてみたらどうだ?

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE