ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

大人のどもり(吃音)を治す方法!短期間では治らないが改善は可能

   


▼ 「どもり」に悩む人がいる


Photo by Stockbyte / Stockbyte

「わわわ、私は」と一言しゃべろうとするだけでも言葉につまづき、言いたいことがうまく相手に伝わらないことがしばしば起こる…

・人の注目を浴びてさらに焦る…

「・・・もっもっぉぉーー・・・・しもし。わわ、わたくし、、かかかぶ、かぶしきがいしゃ・・・ぁぁあっぁっぁ・・」取引先に電話

▼ 話すことに対し、ネガティブな感情がある


Photo by Paul Bradbury / OJO Images

「どもるのは嫌」、「話したくないな・・・」という思いが存在

精神的に吃音だと思いこむことでさらに悪化する場合もある

・アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態…

このような対立した、2つの矛盾した意図、内的葛藤が言葉を詰まらせるのです。ちょうどお互いが足を引っ張り合っているイメージ

▼ 「短期間でどもりが治る」はない


Photo by George Marks / Retrofile

現代医学では、どもりを100%治すことは不可能なんです

1日、ちょっとだけのトレーニングで治るという事例はありません

クセのようなものなので、確かに一朝一夕で改善するのは難しい

初めに厳しいことを言っておきますが、「短期間で治る」「誰でもこれをするだけで治る」などというお手軽な治療法はありません

・しかし、どもりを改善することは可能!


Photo by Image Source / DigitalVision

吃音を治す方法はいくつかあるのでそれらを実行してみましょう

吃音は適切なトレーニングをすれば改善すると考えています

▼ 息を吸ってから話す

どもる人は、息を吸う時間が短くて、しかも無呼吸になる

息を吸うことで副交感神経が優位となり気持ちがリラックスします

話す前には必ずいったん大きく息を吸ってからお腹に空気をためるようにします。そうすると、息が詰まる状態が緩やかになります

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE