ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

楽天Edyは使いやすい!電子マネーを使い倒して賢くポイントゲットする方法

   


楽天Edyとは、、、??

ソニーが開発した非接触ICチップFeliCaを利用して決済が行われ、対応カード若しくはおサイフケータイ対応の携帯電話等で利用する事ができる。

「楽天Edy」の由来は、「楽天」親会社の楽天から、「Edy」は、ユーロ (Euro) ・アメリカドル (Dollar) ・円 (Yen) の頭文字を取ったもので、電子マネーが、ユーロ、ドル、円に次ぐ「第4の基軸通貨」になって欲しい、との思いから名付けられた。

海外ではもう当たり前の電子マネー理由は【現金は犯罪を生むから】

デンマークやスウェーデンを始めとする北欧諸国は世界でも有数のカード社会です。クレジットカードやデビットカードが使えない場所を探す方が難しく、クレジットカード・デビットカードをポケットに入れるだけで財布を持ち歩かない人が非常に増えてきています。

現金を持ち歩く必要がないため、ひったくりや空き巣、強盗のような現金を狙った犯罪の抑制につながっているとされています。

また現金取扱量が減ることから銀行強盗の件数もここ数年で激減(なんと1/400に減少)しているようです。

消費者の支払いによる時間を短縮することができるほか、売上の日報等を作る管理がしやすくなり、店舗の経営管理を効率的に行うことができます。これにより、生産性の向上が図られると考えられています。

全て電子決済化すると、お金の動きが全て銀行など管理された組織を経由することになります。

そのため、裏で動く現金のようなものがなくなるため、犯罪に関連した金銭の享受が出来なくなるほか、国にとっては個人事業主からの税金の取りこぼしがなくなります。

お金の流れを完全にモニターされるという側面があります。

スウェーデンでは国民の97パーセントがデビットカード保有

スウェーデンの銀行では、なんと銀行口座を持つ7歳以上の子供全員に対しデビットカードを発行しており、これは人口の97%がデビットカードを保有していることを意味します。

小さい子供のうちから電子決済を行うことが習慣になっているのです。

日本でもますます普及するであろう電子マネー。その最先端を走る楽天Edyはこんな魅力が!!

楽天市場でのご利用には
「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要です。

楽天市場でも、楽天スーパーポイントを貯める設定をした楽天Edyでお買い物すると、お支払い200円ごとに1ポイント貯まります。
街での利用でも同じくたまり、還元率は0.5%

1ポイント1円として兌換が可能。
ネットでも街でも、どこでも使える便利で簡単なシステム設定。

楽天カードからのクレジットチャージにも対応しているので、カード利用で1パーセントポイント還元。
さらにEdy利用で0.5パーセント還元のポイント2重取り!

デビットカードのようなもので、残高分しか使用できないので、使い過ぎ防止、盗難、紛失しても少額で済むなどのメリットがあります。
1カードにつき上限は5万円までとなっています。

おサイフケータイ機能付きスマホがあれば、サイフいらずでスマホでスマートに決済可能!

銀行、カード、市場、、、様々なサービスとの併用でさらにお得に!

楽天Edyが使えるお店はこんなにある!

セブン、ローソン、ファミマの3大大手で使えるのはとっても便利!

楽天カードがまだの人はカードとも提携させて、お得かつ便利に使える!

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE