ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

皆と同じはつまらない!100均リメイクシートは〇〇柄にすると素敵になる♡

   


1.ヘリンボーン柄

ヘリンボーンというのはフローリングによく使われる、山形を連続させたような模様で、魚の骨にかたちが似ていることから、ヘリン(ニシン)のボーン(骨)という意味をもっています。

♦ヘリンボーンをリメイクシートで再現!

クリーム色のカラーボックスみたいな靴箱をCan Doのリメイクシートを使ってヘリンボーンにしてみました(๑•̀ㅂ•́)و

古いアパートなので、古い玄関扉……。。。どうにかしたくて、キャンドゥのリメイクシートでヘリンボーン柄にしてみました!!

皆さんやっているのを真似させてもらって、キャンドゥのリメイクシートで階段の壁をヘリンボーン風に貼ってみました!

♦数種類のリメイクシートを組み合わせても素敵!

均一のサイズの板状にカット。中央に線を引いて正方形の厚紙の角を線に合わせます。それにピッタリカットしたシートを並べて貼りました。少しでも重なりがあるとすぐ角から浮いて剥がれてくるのでピッタリ面一(つらいち)に貼るのがポイント!

セリアのリメイクシートでキッチンカウンターの下にペタペタ(*´∀`*)夜中の3時までかかったε-(´∀`; )笑ヘリンボーン風♡

【ヘリンボーン柄の作り方】

憧れのヘリンボーン!…でも、木材カットするのが果てしなく大変ですよね。そこでセリアのリメイクシート木目調のものを2種類をカットして、セリアのホワイトボードに貼り付けました!

2.ネイティブ柄

ネイティブ柄は、アメリカの先住民族に昔から伝わる伝統的なパターンのことを指します。例えば、チマヨ柄・オルテガ柄・ナバホ柄・チーフジョセフ柄など、部族ごとの名称を付けたさまざまな柄があり、その総称がネイティブ柄と言われています。

シンプルなテレビボードがオルテガ柄のネイティブ仕様に大変身!色違いのリメイクシートを使って柄まで作れちゃうんですね。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE