ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

あなたはもう使ってる?知らないと損する「Yahoo!公金支払い」

   


■Yahoo!公金支払い

■Yahoo!公金支払いのメリット

クレジットカードで支払いますので、支払った際にポイントが付きます。
今やポイントは現金と同じような価値を持ちますから、実質的に税金の値引きを受けているようなものですね。

高ポイント還元率のカード、例えば還元率1%のものを使えば、1%の値引きを受けている、ということになります。

「Yahoo!公金支払い」から税金などを払う際に、Tポイントで支払うこともできるのです。

例えば、普段からTポイントの貯まるクレジットカードを使っていれば、その貯まったTポイントで税金を支払うことができるわけです。

■Yahoo!公金支払いのデメリット

実は「Yahoo!公金支払い」から税金などを支払う際に、支払い1件毎に手数料がかかってきます。

先ほどメリットの部分で、「クレジットカードのポイントが付くので値引きを受けているようなもの」とご説明しましたが、そううまくは行かないわけです。

「Yahoo!公金支払い」を使い、クレジットカードで払う場合、領収書や納付書、納税証明書などは発行されません。

これらに関しては、各地方公共団体から発行される場合もありますが、領収書などが発行されないケースもあります。

また地方公共団体から発行される場合でも、自分で窓口で申請しに行く必要があったり、発行手数料がかかる場合もあります。

領収書や納税証明書などが必要な場合は、「Yahoo!公金支払い」は利用しないほうがよいと思います。

■ふるさと納税についてはメリット大きい!

「Yahoo公金払い」でふるさと納税を払う場合、Tポイントで払うことができ、また手数料もかかりません。

もちろん、クレジットカードのポイントも貯まりますので、かなりお得になりますよね!

ふるさと納税をお考えの方は、「Yahoo公金払い」を検討してみてください。

水道料金、NHK放送受信料、ふるさと納税(全自治体ではないかもしれません)の決済手数料がかかりません。

■まとめ

クレジットカード払いで付くポイントと手数料を比べ、「Yahoo!公金支払い」を使うほうが得かを検討する必要があります。(損になるケースが多いかもしれませんね。)

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE