ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

【しりとりで最強】知的に思われちゃう「ん」から始まる言葉

   


子供たちがよく遊ぶ“しりとり”…

古今不変の言葉遊び「しりとり」。敗者は番手の際に言葉が出なかった者、もしくは最後に「ん」の付く言葉をコールした者

この展望台の丘は、牛が一夜にしてつくったと言われているのです。その牛が“ンブフル、ンブフル”と鳴いたそうで、そのままこの展望台の名前になったとのこと

石垣島と西表島まで見渡せるみたい!

沖縄全域の海岸付近でよく自生するのを見かけます。沖縄では食用や薬用としてよく利用され、イカ汁などには欠かせません

スーパーや市場でもよく見かけるみたい

沖縄の彼氏としりとりすると永遠終わらん。「ンジャナバー」ってなんやねん。
Google先生大活躍。

沖縄人もしかして…しりとり最強?

「ん」から始まる人もいた!!

コンゴ王国の出身で、1506年に王となる。コンゴ王国は、1482年にポルトガルと接触し、ポルトガルの熱心な布教活動と武力での威圧により、1491年に国王一家が洗礼を受け、キリスト教徒になる

ド派手なマントや首飾りが特徴的な装飾民族

南アフリカは、アパルトヘイトの撤廃後、たくさんの民族が暮らす多民族国家として知られています。その中でも幾何学模様の壁画やカラフルな衣装で知られているンデベレ族

ジンバブエ南部のマタベレランド地方および南アフリカ共和国北東部のトランスバール地方に居住する民族。ジンバブエのンデベレ族はかつてマタベレ族 Matabeleと呼ばれた

バンツー語系のシンデベレ語を話す

セネガルポピュラー音楽の大御所。祖国セネガルの伝統音楽に、さまざまな民族音楽や欧米のポップ・ミュージックのエッセンスを取り入れ、独自の音楽世界を展開している

2004年、米国のローリング・ストーン誌は、「アフリカにおいて生存する最も著名な音楽家であろう」と賞した

かつて日本でも放映していたホンダのCMで使用されていた曲「オブラディ・オブラダ」を歌っていたアーティスト

フルネーム縛りでなければ使える名前

フランスやイタリア・セリエA、Jリーグではガンバ大阪などで活躍したエムボマ。つづりはMbomaで正しい発音は「ンボマ」

唇を閉じて「ンボマ」と発音するのが正しいが、フランス時代に誤って「M'boma」と綴られたため「エムボマ」と呼ばれるようになったとされる

フルネーム縛りでなければ「ンボマ」も使える!

エムボマは Mboma を間違って綴られた M'boma の読みであって、彼の本当の名前はンボマ。っていうの知って衝撃。

アフリカ辺りに沢山の「ん」があった

ンジャメナとはチャド共和国の首都であり、しりとりにおいて最後に「ん」が付く言葉が出る時に、思わず脳内をよぎってしまう言葉の最も代表的な物である

ニジェールのディファ州の都市。 2011年の人口は7万7748人。 国土の南東端に位置する。 チャド湖が砂漠化により急速に縮小する以前には、チャド湖の北西端の湖畔に位置していた

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE