ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

知らなきゃ損!コーヒー通が教える”アイスコーヒー”を自宅で美味しく飲むために!

   


コーヒー豆にはアイス用・ホット用がある!

セブンカフェのコーヒー豆って、アイス用とホット用で違うんだ… 知らなかった。 pic.twitter.com/uGOgX0yMr3

◆アイスコーヒー豆③◆
アイスコーヒーはホットコーヒーでは感じなかった酸味が出てきて苦みが逆に感じられなくなる傾向があります。
ホットコーヒーで苦みと酸味の調和したものがハイローストだとすると
アイスコーヒーの場合フレンチローストがベストの焙煎度となります。
#カフェロイヤル

浅煎りや中煎りの豆でアイスを作ると、喉につまるような酸味が出てしまってとっても悲しいです。やっぱりここは、ちゃんと深煎り豆を選びましょう。
「深煎り豆」の中にも、深煎り~ごく深煎りまでありますので、お好みに合わせて選んで下さい。

豆は深煎りの苦味とコクの強いものを選びます。一般には、"アイス用"と銘打っているものや、"ヨーロピアン"、又は"イタリアン""エスプレッソ用"さらには"ストロング"といわれるものが適しています

焙煎度合いもこんなに違う!

一般的なのが、フレンチローストや、イタリアンローストと呼ばれる深さまで煎った豆です。

豆の色は、とても濃い茶色や、黒に近い色になります。

出典ameblo.jp

左:イタリアンロースト
右:フレンチロースト

フレンチロースト
強い苦味と独特の香りが楽しめる。カフェ・オ・レやウィンナー
コーヒーなど、ヨーロピアンスタイルのアレンジメニュー向きである。

*焙煎出来立て情報・H28,11月18月*
本日の出来立てお勧めは【マンデリン】フレンチローストです。
独特な苦味をお楽しみいただけます。

そのほか数種類出来立てです‼︎ pic.twitter.com/IMiAvx4zwY

イタリアンロースト
色は黒に近い状態。強い苦味と濃厚な味わい。
これが最も深い炒り方で、かつてはエスプレッソ、カプチーノなどに使用されることが多かった。

【喫茶生活 本日の新焙煎】ジャワ・ロブスタ 生豆300g➡加熱➡焙煎豆205g 深煎り フレンチ~イタリアンロースト(8段階の7~8番目) pic.twitter.com/7Paa5fmurn

どれがいい?アイスコーヒーに適したコーヒー豆

アイスコーヒーの豆は一般的に焙煎度(ローストの違い)が深いものを使用します。

■成城石井 プレミアムビター

苦味と深いコクのバランスが取れたアイスコーヒ。
まろやかな口当たりで誰でも美味しく楽しめます。

■成城石井 フレンチロースト

香りの良さはダントツ!
少々水っぽいが、苦味×酸味×甘味のバランスも◎

■KEY COFFEE スペシャルブレンドアイスコーヒー

ビター感が強めのアイスコーヒー。
苦味が好きな方におすすめです。
ミルクとの相性も良いです。

■AGF MAXIM ちょっと贅沢な珈琲店 濃香アイスコーヒー

コスパも良く、香り高いアイスコーヒーが楽しめます。
コク、苦味もしっかり感じられます。

■UCC ゴールドスペシャルアイスコーヒー

清涼感のあるアイスコーヒー。
パンチには欠けるものの、コクと苦みのバランスも良く、スッキリとした味わいです。

おすすめ抽出方法は2つ!

■ペーパードリップ+急冷

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE