ライフハックちゃんねる

ちょっとした工夫、裏技などのまとめブログ

分厚い紙をホッチキスで留めようとして失敗・・・イライラを解消する簡単な裏技

   


▼ホッチキスで分厚い紙を綴じようとするとミスりますよね?

あーーレポートの枚数多過ぎてホッチキス止まらねえーイライラすっぺ pic.twitter.com/2E6Ok1UzGO

会場に着いた俺「今から製本なんです…」
俺「ああっ、ページ数が多すぎてホチキスで留まらない」
俺「ああっ、ホチキスの針が詰まった(モタモタ」

かのあ「(イライライライライライライライライライラ」

厚くてホチキス留まらなくてイライラマックスだったけどあと10部だから頑張る!

2、3枚の紙を留めるのであればさほど難しくないのですが、何枚にも及ぶ書類などを留めるときはなかなかうまくいきません

▼ホッチキスは何枚まで綴じることができるんだろう?

通常家庭で使うホッチキスの芯は10号と呼ばれるもの。そしてこのサイズだと限界は20枚。
でもホッチキス自体の性能なのか、20枚も留められず失敗してしまうことってけっこうありませんか?

普通のホチキスは「10号」と呼ばれる大きさの針を使用するものです。コピー用紙を20枚程度まで綴じることができるようになっています

用紙は通常、コピー用紙として使われる用紙です。(再生紙ですが、厚さは通常のPPC用紙とほぼ同様だと思います。)

▼手持ちのホッチキスで分厚い紙を綴じることができる裏技

使うのは食品の発泡トレー!発砲トレーを約5cm四方に切り、紙束の下にあてがってホチキスを留めると、今まで留まらなかったホチキスの芯が見事に貫通します

▼実は他のもので代用もできるし、中綴じもこの方法ならできる!

□トレーがなければ、段ボールでもできる!

実はトレーがなくても段ボールでもできるんですよ!

本の下に段ボール等を敷いて、綴じたい位置に打ち込む。針はまっすぐなままで打ち込まれるから、それをペンチや固いものを当てて折り曲げる。

□実は消しゴムでもできる!

さらにいいのが消しゴム!
これなら家にありますよね!サイズはこの位かもうちょっと大きめのほうが使いやすいそうですよ

綴じたい部分の下に消しゴムを置きホッチキスを開いて、上から針を打ち込む。針が貫通していることを確認してから消しゴムをとり、針をペンチか定規の端で曲げればOK。

□中綴じするにはこの方法を応用する!

中綴じして紙を製本したい時に、製本用ホッチキスなど専用のものもありますが、そのためだけに買うのはもったいないですよね。そんな時に、上の方法をプラスして使うと家庭用ホッチキスでも簡単に中綴じできる!

ホチキスをパカ、と開き止めたい場所に止める。紙を持ち上げて ダンボールからホチキス針を抜き 手で折る。

▼どうしてたったこれだけで綴じられるようになるの?

でもどうしてたったこれだけで、留めにくかったホッチキスが簡単に留められるようになったんでしょうか?

紙が厚くてホチキスの針が曲がってしまうのは針に均等に力が加われず下からの力に負けてしまうからなのです。

発泡スチロールが反発する紙の力を和らげるクッションとなってくれているため、そんなに力を入れなくてもすぐに貫通するのだそうです。

▼失敗して片方だけ紙に埋まったホッチキスの針を抜く方法

そのまま手で引っこ抜くこともできますが、けっこう手を傷つけてしまうんですよね・・・ペンチを持ってきてもいいけどそのために出すのは面倒くさい・・・

ホチキスの針を取り損ねて片方だけ外れた場合ホチキスを広げ、針が入ってる部分と土台の部分で針を挟んで引っ張ると簡単に針が外れます

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE